2021.10.4

名古屋で遺体搬送を頼むには?失敗しない依頼の仕方を解説します。

葬儀に慣れている方はほとんどいません。

そのため、身内にご不幸があった時、そこから始まる葬儀の段取りをどうして良いのか分からない方がほとんどでしょう。

近年は、病院や施設でお亡くなりになる方が大半です。
病院など施設でお亡くなりになるという事は、そこにはいつまでもいられませんので、どこかに遺体を搬送しなければいけません。

この記事では、名古屋で遺体搬送を依頼するには、どのようにすれば良いのか、そしてどんな所に気を付けなければいけないのか、詳しく解説していきたいと思います。

昭和区で葬儀をご検討なら、メモリアルホール川名にお任せください。

名古屋で遺体搬送はどこに頼めば良いの?

悩む高齢女性

病院や施設などでお亡くなりになると、たいていの病院や施設では
「すぐに搬送を依頼してください」
と言われます。

これは、多くの病院や施設では遺体を長時間安置しておく部屋がないためです。

大きな病院では、遺体安置用の霊安室が2部屋ほど用意されている所まありますが、大病院だと一晩で数人以上の死亡退院者が出ることも珍しくあません。

また、そのような霊安室が完備されていない病院や施設の場合、そのまま病室に安置していたり、他の患者さんの目に触れない処置室などに移動する場合もありますが、いずれにしても長時間そこに滞在することはできないのです。

そのため、病院や施設でお亡くなりになった場合は、なるべく早いタイミングで遺体搬送を依頼しなくてはいけないのです。

では、この遺体搬送はどこに頼めば良いのでしょうか?

それは、「葬儀を依頼する葬儀社」になります。

実はもう一か所、遺体搬送を依頼できる所があります。それは、搬送専門の業者になります。

しかし多くの葬儀社では、葬儀料金に遺体搬送費用も含まれていることが多く、遺体搬送だけを業者さんに依頼するのはあまり得策とは言えません。

また、遺体の安置先が自宅なら良いのですが、どこかの葬儀場に運んでもらいたい場合、その葬儀場を運営する葬儀社に依頼せざるを得ないのです。

以上のことから、基本的に遺体搬送を依頼するのは、「葬儀社」一択になります。

名古屋で遺体搬送料金はいくらくらいかかるの?

名古屋で遺体搬送を依頼すると、その搬送料金はいくらかかるのでしょうか?

遺体搬送料金は、それぞれの業者さんが陸運局に届け出た料金に基づいて決定されます。
業者さんによって料金設定は違うため、概算にはなりますが概ね次のような金額になります。

距離料金目安※搬送料金のみ。付帯費用などは除く
~10kmまで15,000円~20,000円
10km~20km18,000円~25,000円
20km~30km23,000円~30,000円

上記の搬送料金と、搬送時に必要な遺体用担架布団や枕飾り、ドライアイス、業務手数料などが合計され、市内の搬送料金は概ね5~7万円程になるケースが多いでしょう。

また、夜間の場合は夜間料金(深夜料金)が追加になることも多いようです。

しかし、繰り返しになりますが、こうした搬送料金は、葬儀社に葬儀の依頼をするのであれば「葬儀プラン」に含まれている場合が多いので、この料金を個別に請求されることは基本的にはないと思っていただいて構いません。

名古屋で遺体搬送を依頼するとき、葬儀社に頼まない方が良い場合とは

ストップする女性

先ほど解説させていただいたように、基本的には遺体搬送を依頼するのであれば、そのまま葬儀をお願いする葬儀社に依頼するのがベストだと思います。

しかし、次の場合は搬送専門会社に直接依頼することも考えなければいけません。

  • ①搬送してほしい場所が近隣ではない場合
  • ②葬儀社が決まっておらず、しっかりと葬儀社選定をしたい場合

それぞれ詳しく解説したいと思います。

①搬送してほしい場所が近隣ではない場合

名古屋でお亡くなりになったとしても、葬儀を名古屋で行いたい人ばかりではありません。

名古屋以外の土地に自宅があり、名古屋では葬儀を行わず地元に連れて帰って、地元の葬儀社に依頼したい場合などがこれに該当します。

しかし、この場合も、地元で依頼する葬儀社が決まっているのであれば、依頼する葬儀社に搬送の相談をすると良い場合があります。
ただ、この場合は必ずしも葬儀社に依頼した方が良いとは限りませんので、注意が必要です。

理由は、搬送距離が長距離の場合、葬儀プランには含まれず別途料金になる葬儀社が大半だからです。
その場合、もしかすると搬送専門業者より割高になる可能性もあります。

電話で搬送料金の相談ができますので、ぜひ、搬送専門業者、そして地元葬儀社の両方に料金を確認すると良いでしょう。
どちらも24時間対応してくれますので安心です。

なお、このケースで一番ダメなのは、名古屋の葬儀社に搬送依頼をしてしまうことです。
名古屋の葬儀社は、葬儀の依頼をもらえず搬送だけの仕事になってしまいますので、
「手間がかかって儲からない」ということになります。

そのため、通常の搬送料金より割高な料金が請求されてしまう恐れがあります。

②葬儀社が決まっておらず、しっかりと葬儀社選定をしたい場合

次に、葬儀社がまだ決まっていないケースになります。

遺体搬送を葬儀社に依頼した場合、基本的に葬儀もその葬儀社に依頼することになります。

もちろん、搬送だけをお願いして葬儀は違う葬儀社に依頼する事も可能なのですが、やり取りがかなり面倒なのと、葬儀の仕事を失注した葬儀社からは、通常より高額な搬送料金を請求される恐れもあります。

そのため、葬儀までの日にちにゆとりを持てて、かつ、葬儀社が決まっていない場合は、搬送専門会社に遺体搬送だけをお願いするのも一つの方法といえるでしょう。

もちろん、この場合は葬儀社の葬儀プランに含まれる搬送料金の特典が受けられない事になりますが、意図しない葬儀社に依頼してしまうリスクを考えれば安いものかもしれません。

名古屋で葬儀は行うが、依頼する葬儀社がまだ決まっていない場合については、搬送専門業者さんに依頼するのも良いでしょう。

ポータルサイトと葬儀社サイトの違いに注意!

最近、テレビCMもかなりの本数を放送している「葬儀系ポータルサイト」がというものがあります。

これは、主にインターネットで葬儀を希望するお客さんを「集客」し、加盟している葬儀社に「送客」するビジネスモデルです。

まるで一つの大きな葬儀社のようにみえますが、実態としてかれらは葬儀の実務は行わず、右から左へお客様の情報を流しているだけです。

もちろん、ポータルサイトの多くは定額制のプランを採用しており、業界水準でみればかなりお値打ちな料金設定をしていますので、メリットデメリットを分かった上で依頼するのであれば良いと思います。

しかし、葬儀社からすれば「他社のプラン」であることは間違いなく、プラン以外のお客様に寄り添った提案や融通を利かせにくいのも事実です。

直接葬儀社に依頼した方が、結果的にお得・満足度が高い場合も多いと思いますので、ぜひ、ネットで検索して一番上に出てきた所を安易にポチっとするのではなく、希望するエリアの葬儀社を調べ、その葬儀社の独自のホームページなども確認してから依頼することをお勧めします。

名古屋で遺体搬送を依頼する時の注意点

注意点を書く女性スタッフ

最後に、名古屋で遺体搬送を依頼する時の注意点をまとめてお伝えしたいと思います。

遺体搬送を依頼する場合、次の事を確認されますので答えられるように準備が必要となります。

・遺体の搬送先
遺体の搬送先を決めておかなければいけません。
遺体の搬送先は、基本的に次の2つになります。

①自宅
②葬儀社の葬儀場

時々、「直接火葬場に運んでくれれば良い」という方がいらっしゃいますが、名古屋の火葬場は遺体安置設備がありませんので不可能です。

そのため、①自宅・②葬儀社の葬儀場のいずれかを選択しなくてはいけないのです。

①自宅に搬送してもらう場合の注意点

自宅に搬送してもらう場合、慣れ親しんだ自宅に寝かせてあげられること、安置室の利用料金がかからない事などがメリットとなります。

一方で、いくつかの注意点もありますのでご紹介いたします。

近所の人にバレてしまう

最近は家族だけでひっそりと葬儀をしたいというご希望が多くありますが、自宅に連れて帰ると、やはり普段と違う様子から、ご近所の方に不幸があった事を知られてしまう可能性は高いと言えるでしょう。

安置場所の確保と搬入動線の確保

遺体の搬送は思っているより大変です。

故人は寝そべった姿勢でしか搬送できないため、曲がりくねった廊下、狭い通路、廊下が狭く直角に曲がらないと入れない入口、階段、2階以上の上階への安置などは非常に困難になります。

「いつも寝ている場所に安置してあげたい」という気持ちは分かりますが、そのためにご遺体を無理に扱う必要があるのは良いことではありません。

また、お悔みに大勢の方がいらっしゃる可能性があれば、その方々が自宅に出入りし、滞在するためのスペースも必要となります。

こうした点を考慮し、遺体搬送をしてもらい安置する場所は、自宅が良いのか葬儀場が良いのかよく考える必要があると言えるでしょう。

②葬儀社の葬儀場に搬送してもらう場合の注意点

葬儀社の葬儀場に搬送してもらう場合の注意点は、特にありません。

強いて言えば、葬儀場によって面会時間が限られている場合があるということです。

中には、「お預かり中は面会できません」という葬儀社もありますので、その点は事前にしっかり確認すると良いでしょう。

また、一般的に葬儀場に搬送してもらえば、おのずとその葬儀社に葬儀を依頼することになります。

「搬送と安置だけ」というオーダーの仕方は基本ありませんので、葬儀を依頼する葬儀社の葬儀場に搬送・安置してもらうようにしましょう。

名古屋で遺体搬送を頼むには?のまとめ

名古屋で遺体搬送をどこに頼めば良いか、搬送料金はいくらくらいか、遺体搬送を依頼する時の注意点などについて解説してきました。

葬儀は普段から接するものではありませんので、あなたにとって本当に不安なことばかりだと思います。

メモリアルホール川名では、市内の搬送については葬儀プランに料金は含まれておりますし、基本的に葬儀に必要なものを全て含めたセット料金になっているため、ほとんどのケースで追加料金はかかりません。

入会金も事前入会の場合は完全無料となっていますので、ぜひ事前に会館見学や事前入会をお済ませいただくことをお勧めしています。

お急ぎの方 24時間365日対応
お急ぎの方 24時間365日対応
資料請求はこちら 入会はこちら
お急ぎの方
					24時間365日対応
お急ぎの方 24時間365日対応
資料請求はこちら 入会はこちら