2021.11.23

瑞穂区で一日葬を行うには。失敗しない葬儀社の選び方。

瑞穂区のシニア夫婦

名古屋市の瑞穂区で一日葬を執り行いたいと考えた時はどうすれば良いのでしょうか?

葬儀はなかなか普段ふれることがないだけに、どのようにすれば良いのか、どんな点に気を付ければ良いのか分からない方が多いと思います。

この記事では、一日葬とはそもそもどんなお葬式なのか、また、一日葬の費用はどれくらいなのか、そして瑞穂区で一日葬を希望する場合は、どんな葬儀社に依頼すれば良いのかについて詳しく解説していきます。

瑞穂区で家族葬・一日葬を希望される方は、メモリアルホール川名にお任せください。

一日葬ってどんなお葬式なの?それって大丈夫なの?

まず、最近話題の一日葬について、そもそもどんなお葬式なのか解説したいと思います。

瑞穂区に限らず、最近は多くの地域の方が「一日葬」を希望されるようになってきました。
では、そんな一日葬とはいったいどんなお葬式なのでしょうか?

一日葬とは、その名の通り「儀式を一日だけで行う葬儀」のことになります。

主にお坊さんが来て読経を行う“仏式葬儀”では、今まで通夜・葬儀と儀式を2日間行うことが一般的でした。

しかし、近年家族葬が増え、通夜に儀式を行う対外的な理由が薄くなってきたことや、コロナ禍によって人が集まる時間を減らすといった目的、そして費用を削減するためなど様々な理由から一日葬は増加しています。

しかし、そうは行っても今まで何十年と当たり前のように行われてきた通夜を無くしてしまって良いのでしょうか?
通夜を無くしても故人はちゃんと成仏できるのでしょうか?

そんな心配をされる方も多いと思います。

一日葬の是非を問うには、そもそも通夜とは何か?について理解しなければいけません。

通夜とはどんな儀式?

通夜とは、宗教によってその儀式の重みは違います。

例えば神道の場合であれば、「遷霊祭せんれいさい」(御霊移しとも呼ばれます)という儀式が通夜の時間に執り行われます。
この儀式は、神道のお葬式の儀式では重要なものとされ、式場の明かりを落として暗がりの中で行われる儀式になります。

そのため、神道では通夜は大変重要な儀式とされているのです。

一方、一番葬儀を行うことが多い仏式の場合、通夜はどんな意味があるのでしょうか?

実は、通夜の儀式自体にはあまり意味がありません。

それどころか、一昔前は地域によっては「通夜にお坊さんは来ない」という地域も珍しくなかったのです。

通夜は、「夜を通して」と書きますが、その名の通り、夜通し親族など近しい人が故人の傍に付き添い、見守る時間とされました。

その理由は所説ありますが、故人の死を受け入れるためだとか、逆に故人の復活を願う時間などと言われました。


いずれにしても、何か儀式を行うのではなく、夜を通して故人とすごすことを「通夜」と呼ぶのです。

そのため、こだわりのあるお坊さんですと、「通夜に“式”とつけるな」と注意される方もいらっしゃいます。

しかし、時代の流れの中で、だんだんと通夜が葬儀のような「告別式」の役割を果たすようになり、いつしか通夜を「式」と表現するようになったと言われます。


まとめますと、特に仏式の場合、通夜は「式」としてはそもそも無くて良いものだったとも言えるのです。

ですから、通夜がなくて故人に対して失礼であったり、成仏できないなどの心配は不要だと言えるでしょう。
※所説あります。

瑞穂区で一日葬を行いたい時の3つの注意点とは。

一日葬の注意点

一日葬でも問題ないことがお分かりいただけたと思いますが、それでも何か注意点があるのではないか?と心配される方もいらっしゃると思います。

そんなあなたに、我々葬祭ディレクターからアドバイスできる一日葬の注意点についてご紹介したいと思います。

一日葬の代表的な注意点は次の3つになります。

  • ①参列者の同意が得られるか?
  • ②自分たちは本当に納得しているか?
  • ③お坊さんがOKしてくれるか?

以上の3つについて、それぞれ詳しく解説していきます。

一日葬をする時の注意点①参列者の同意が得られるか?

お葬式は家族だけのものではありません。

葬儀を告別式とも言いますが、これは、宗教儀式で行われる葬儀式と同時に、故人と縁があった方々との別れるの儀式である告別式を同時に行うことから言われます。

最近は少なくなりましたが、葬儀場の看板に「○○家 葬儀並びに告別式」と表示されていたことを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

このことからも分かる通り、故人との別れの儀式でもある葬儀は、告別の儀式でもあるのです。

とは言え、今は本当に家族葬が多くなったのであまり心配する必要はないかもしれませんが、故人とご縁があった友人や知人の方、そして親戚の方の中に

「都合で通夜(夜)しか参列できない」という方が大勢いらしゃるのであれば、通夜を行わない一日葬は不都合な場合があると言えるでしょう。

一日葬の注意点として、参列していただく方のご都合にも配慮する必要があるという事があります。

一日葬をする時の注意点②自分たちは本当に納得しているか?

前述した通り、特に仏式の葬儀の場合、そもそも通夜に儀式を行う必要はあまりありません。

その理解をしていただければ、一日葬をすることに特に抵抗はないのかもしれません。

しかし、今までの常識では「通夜がある」ことが当たり前です。

その感覚は、多くの方が持ち合わせていると思います。

いくら一日葬が増えつつあるとは言え、全国的に見ればまだまだ一日葬で葬儀をされる方は少数派です。

そのため、親戚などから「そんな省略して大丈夫なの?」「手を抜いてるんじゃない?」などと言われてしまったり、思われる心配はあると思います。

親戚などではなく、もしかしたら家族の中でもそのような想いを持たれてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

いつの世も、今までとは違うことをすれば拒否反応を示す方が必ずいます。

そうした方に
「うちはこれ(一日葬)で行います」
と毅然と言い切れるか、そして自分たちの心の中にも曇りなく進める事ができるのか?といった点も、一日葬を行う際の注意点と言えるでしょう。

一日葬をする時の注意点③お坊さんがOKしてくれるか?

最近の感覚を持ち合わせた柔軟なお坊さんの場合はそれほど心配はいりませんが、昔ながらの形式を重んじるお坊さんの場合、一日葬で葬儀を行うことをご理解いただけない可能性もあります。

また、お布施の金額が安くなるという心配からも、一日葬を敬遠されることもあるようです。

お布施とは、本来は読経に対する対価ではありません。
しかし、従来のように2日間儀式を行う形式と違って一日しか儀式を行わない場合、お布施の金額も減額される傾向にあります。

インターネットでお坊さん派遣を依頼するサイトもありますが、そうした所は顕著に「読経の(お坊さんが出向く)回数」で金額が変わってきますので、そうした心配も無理はないかもしれません。

とはいえ、近年非常に増えている一日葬ですし、お坊さんも時代の流れにそって柔軟にしていかないと、ますます檀家さんが離れてしまう心配から、OKしていただける所が多いと思います。

もしお付き合いしているお寺(旦那寺)がなければ、葬儀社のスタッフに「一日葬でしていただけるお寺」と希望して紹介してもらいましょう。

もちろん、メモリアルホール川名でも一日葬でしていただけるお坊さんのご紹介が可能です。

瑞穂区に一日葬専用の葬儀場はあるの?

メモリアルホール川名の看板

今現在、瑞穂区はもちろん日本中を見渡しても「一日葬専用」の葬儀場というのは、ほとんどないと言って良いでしょう。

私の知る限り、瑞穂区にも一日葬専用の葬儀場はありません。

しかし、瑞穂区からも非常に近い昭和区のメモリアルホール川名では、看板にも「一日葬」と記載してあるとおり、一日葬も承ることができます。

実際に、メモリアルホール川名で行われるご葬儀の半数以上が一日葬でご葬儀をされていますので、安心してお任せいただければと思います。

瑞穂区の一日葬を取り扱う葬儀社は

瑞穂区には複数の葬儀社がありますが、一日葬と看板を掲げている葬儀社や葬儀場はほとんどないと思います。

ただし、看板に掲げていないからと言って一日葬が執り行えないかと言うと、そうではありません。

ほとんどの葬儀社では一日葬を執り行うことが可能です。

ただし、一日葬専用のプランを用意しているかどうかは、葬儀社によって異なります。

通常の葬儀プランを活用して一日だけの葬儀を行う葬儀社もありますし、一日葬専用のプランを用意している葬儀社もあります。

全国的に見れば一日葬はまだまだ多数派ではありませんので、一日葬専用のプランを用意している葬儀社は少ないのが実情です。

メモリアルホール川名では、どのプランでも一日葬に対応できるようになっているため、ご安心いただければと存じます。

瑞穂区で一日葬をおこなうために失敗しない葬儀社の選び方

一日葬を希望する場合、どんなことに注意して葬儀社を選べば良いのでしょうか?

最後に葬儀社の選び方について解説していきたいと思います。

一日葬とは、基本的にどんな葬儀社でも執り行う事が可能です。
そのため、特に一日葬だからといって葬儀社の選び方が異なることはないと言っても良いでしょう。

とは言え、一日葬を希望されるなら下記の点には注意されると良いでしょう。

・一日葬の経験があり、前向きに相談にのっていただけるか
・一日葬を受けていただけるお寺の紹介が可能か
・一日葬専用か、一日葬に対応できるプランがあるか

他にももちろん、金額が明確で適切な見積りを出していただけるかどうか、追加費用に対する説明はあるか、スタッフの感じは良いか、式場は綺麗で整理整頓がなされているかなど、一日葬に限らずどんなご葬儀にも共通するポイントも注意すると良いでしょう。

瑞穂区で一日葬をするための葬儀社の選び方についてまとめ

瑞穂区で一日葬を希望される方に向けて、一日葬とはどんな形式のお葬式なのか、また注意点はどんなことがあるのか、そして葬儀社の選び方などについて解説してきました。

一日葬は、最近非常に多く執り行われるようになってきたご葬儀の形式ですが、主な注意点は次の3つです。
①参列者の同意が得られるか?
②自分たちは本当に納得しているか?
③お坊さんがOKしてくれるか?

また、一日葬にはほとんどの葬儀社が対応していますが、全ての葬儀社に「一日葬専用プラン」があるわけではありません。
しかし、通常の葬儀プランで一日葬にも対応可能なところがほとんどなので、特に心配する必要はないと言えるでしょう。

メモリアルホール川名では、瑞穂区で一日葬を希望される多くの方にもご利用いただいております。
八事の火葬場にも大変近く、家族葬に最適なサイズの葬儀場となっています。

事前相談も毎日対応しておりますので、ご心配なことがある方は、いつでもご遠慮なくお問い合わせください。

お急ぎの方 24時間365日対応
お急ぎの方 24時間365日対応
資料請求はこちら 入会はこちら
お急ぎの方
					24時間365日対応
お急ぎの方 24時間365日対応
資料請求はこちら 入会はこちら